MetaMaskのアカウント作成方法

Ethereum対応ウォレットで一番簡単なのが、Google Chromeに拡張機能を追加するだけの「MetaMask」です。

ここではMetaMaskのアカウント作成方法をご紹介します。

 

拡張機能ダウンロードページからMetaMaskのプラグインをダウンロードします。

右上の「Chromeに追加」ボタンを押すとご自身のGoogle Chromeにインストールされます。

アドレスバーの右側にキツネのマークが現れたらインストール完了です。

キツネのマークをクリックすると、プライバシーポリシーへの同意画面が現れます。

Acceptを押して同意します。

すると今度は利用規約への同意画面が出ますので、こちらもAcceptを押して同意します。

その後、パスワードの設定画面が現れますので、任意のパスワードを決定します。

忘れないようにメモなどをしておきましょう。

パスワードを決定すると、アカウント復元用の合言葉がでてきますので、こちらは忘れずにメモしてください。

これを紛失したり忘れたりすると、大切な資産の入ったウォレットを復元することができなくなりますのでご注意ください。

合言葉をメモしたら、下部のボタンをクリックします。

そうするともうアカウントの作成は完了です。

ウォレットの名前も自由に変更できますし、右上の人物マークを押してアカウントを追加することも可能です。

ご自身の受け取り用アドレスは、「SEND」ボタンの上にある、クリップボードマークをクリックすると、コピーされます。

 

 

このように、MetaMaskのアカウント作成はとても簡単です。

まだイーサリアム対応のウォレットを持っていない方は、この機会に作ってみてはいかがでしょうか。