ホワイトペーパーVer.2.0をダウンロード

ホワイトペーパーをバージョンアップしました。
新しいホワイトペーパーは下記よりダウンロードできます。

アスリート事前登録者数
Number of athlete advance registrants
β版事前登録者数
Preregistered number of beta version
Gymnasium発行数
Number of issued Gymnasium

About us

-ja-

私たちは、体操専門ウェブマガジン「GYMNASTS / ジムナスツ」を運営する、Team"N"という有志の集まりです。

体操という競技は野球やサッカーなどに比べると、競技人口もファンの人口も少なく、それゆえ世の中に出回る情報の数も少ないというのが現状です。

そこで、より多くの方に体操を知ってもらい、体操は面白いということを伝えたいと思い、GYMNASTSを立ち上げました。

私たちはこの体操に特化したウェブマガジンを運営する中で得た知見と課題を元に、新たな形のスポーツメディアを立ち上げることを決めました。

今回新たに立ち上げるスポーツメディアには、ウェブメディアに対する幾つかの提案と、スポーツ選手とファンの新しいコミュニケーションの形の提案が盛り込まれています。

ここに、その詳細を記すものです。

 

より多くのアスリートが、より長くプレーヤーとして活躍できる世界を目指して。

-en-

We are a group of volunteers named Team "N" that running web magazine of gymnastics "GYMNASTS".

In comparison with baseball and soccer etc., gymnastics has less competition population and fans' population, so the current situation is that there are few information circulating around the world.

So I asked more people to know about gymnastics, I wanted to tell you that gymnastics are interesting, I started "GYMNASTS".

We decided to launch a new form of sports media based on the findings and tasks gained in running this web magazine specializing in gymnastics.

The sports media that will be launched this time include several proposals for web media and proposals for forms of new communication by athletes and fans.

Here is the details to describe.

 

Aiming at a world where more athletes can be active longer as players.

Kunihiro Shimoda
Message from Kunihiro Shimoda, leader of Team "N"

Feature

Cheersは、独自トークンを発行することにより、プラットフォームに展開されるコンテンツのクオリティを常に高い水準に維持することができる仕組みを提供します。

コンテンツ提供者はアスリート本人です。
アスリートがプラットフォームにコンテンツを提供すると、独自トークンによるインセンティブを受け取ることができます。

コンテンツのスポーツカテゴリや形式は自由です。
アスリートはコンテンツをファンに向けて公開でき、ファンは無償でコンテンツを閲覧することができます。

コンテンツはユーザーに閲覧及び評価され、一定の評価水準に達すると、追加ボーナスを得ることができます。

By publishing unique tokens, Cheers provides a mechanism that can maintain the quality of contents deployed on the platform at all times.

The content provider is the athlete himself.
When the athlete provides content to the platform, you can receive incentives with your own token.

Sports categories and formats of content are free.
An athlete can publish its contents to fans, and fans can browse contents without charge.

Content is viewed and evaluated by users and you can earn additional bonuses when reaching a certain evaluation level.

独自トークン
Gymnasiumを発行

Issuing its own token "Gymnasium"

コンテンツ提供者への
インセンティブ

Incentive and evaluation for contents providers

閲覧するユーザーには4つのコンテンツ評価方法があります。
Gymnasiumを使用した「投げ銭」、無料の「投げキッス」、「イエローカード」、「レッドカード」の4種類です。

「投げ銭」は、ユーザー自身がとてもよいコンテンツであると判断したものに対して、好きな量のGymnasiumをコンテンツ提供者であるアスリートにプレゼントできます。
「投げキッス」は、気に入ったコンテンツに対して無料で行えるリアクションです。

「投げ銭」は10ポイント、「投げキッス」は1ポイントとして加算され、コンテンツ1つにつき200ポイントがたまると、ボーナスとしてCheersからコンテンツ提供者に対して、Gymnasiumが追加で支払われます。
(「投げ銭」「投げキッス」それぞれのポイント数及びボーナスに必要なポイント数は、開発段階において変更する場合があります)

逆に、著しく質の低いコンテンツや、公序良俗に反する内容に対しては「イエローカード」や「レッドカード」を提示することができ、コンテンツの削除やユーザーの強制退会といった処分が行われます。

There are four content evaluation methods for users to browse.
"Tipping" using Gymnasium, free "Throwing Kiss", "Yellow Card", "Red Card" are four kinds.

"Tipping" can give gifts of the amount of Gymnasium to the athlete who is the content provider, for those who judged that the user himself is a very good content.
"Throwing Kiss" is a reaction that you can do free of charge for your favorite content.

"Tipping" is added as 10 points, "Throwing kiss" as 1 point, and if 200 points are collected for each content, Cheers will pay additional Gymnasium to the content provider as a bonus.
(The number of points of "Tipping" and "Throwing Kiss" and the number of points required for bonus may be changed at the development stage.)

On the contrary, "Yellow card" or "Red card" can be presented for contents with markedly poor quality and contrary to public order and morals, and deletion of contents and forced removal of user is done.

4種類の
コンテンツ評価方法

Four types of content evaluation method

evaluation method

コンテンツ提供者への
追加ボーナスと罰則

Additional bonus and penalties to content providers

Cheersにはコンテンツを提供するアスリートに対してのインセンティブだけでなく、コンテンツを評価し、プラットフォーム全体のクオリティを維持する役目を持つユーザーの方々にもインセンティブを用意しています。

1週間に一度、スポーツカテゴリーごとにベストコンテンツを決定します。
ユーザーからの「投げ銭」「投げキッス」によって加算されたポイント総数の一番多かったコンテンツに対して、ベストコンテンツ賞を与えます。
受賞したコンテンツを提供したアスリートと、このコンテンツにポイントを与えたユーザーで、一定数のGymnasiumを山分けします。
配分はコンテンツ提供者に50%、残りをコンテンツに投じたポイント数に応じてユーザーが獲得します。

これによってアスリートとユーザーは、協働してプラットフォームを構築していくチームとなるのです。

 

Cheers not only provides incentives to athletes who provide content but also provides incentives to users who are responsible for evaluating content and maintaining the quality of the entire platform.

Once a week, We decide on the best content for each sports category.
Give the Best Contents award to the content that was the largest number of points added by "Tipping" or "Thrown Kiss" from the user.
The athlete who provided the awarded content and the user who gives a point to this content will break a certain number of Gymnasiums.
Users allocate 50% to the content provider and the rest according to the number of points cast into the content.

By doing this, the athlete and the user become one team that collaborates to build the platform.

インセンティブの
山分け

Distinguish incentives

協働して
より良いメディアへ

Better media by cooperating

Vision

アスリートとして生計を立てていけるのは、ごく少数の人たちです。

それが現在の「常識」です。

しかし、それ以外にも優秀なアスリートがたくさんいることを、私たちは知っています。

彼らは素晴らしい技術、知識、思想、経験を持っています。

それらは、有名な一部のアスリートが著書として出版することと同じように価値を持ち、私たちに多くの気づきと勇気を与えてくれます。

私たちは、多くのアスリートたちに、自分たちがスポーツを通して得てきたものが、非常に価値のあるものであると認識してほしい。

そして、それらを多くの人に伝えてほしいと思っています。

 

Cheersは、ごく少数の成功したアスリートだけでなく、まだ日の目を見ずに世界の片隅で必死に努力を重ねているアスリートたちに、自分たちの持つ技術や知識、思想、経験というものを普遍的な価値に変え、対価を得られるような場を提供します。

Cheersで対価が得られれば、それが活動資金になり、スポーツを続けることができるようになります。

 

私たちは、もっと多くのアスリートがプレーヤーとして生きていける。そんな世界をつくりたいのです。

There are only a few people who can make a living as an athlete.

That is the current "common sense".

However, we know that there are many other excellent athletes besides that.

They have amazing skills, knowledge, thought and experience.

They have value as well as some famous athletes publish as books and give us a lot of awareness and courage.

We want many athletes to realize that what they have gained through sports is of great value.

And I want them to be informed to many people.

 

We find value not only for a few successful athletes but also for the technology, knowledge, thought and experience that athletes who are not yet attracted from the world have. And we will provide a place to can get reward from those.

If compensation is obtained with Cheers, it will be funded for the activity and you will be able to continue sports.

 

We can live more athletes as players. I want to create such a world.

冒頭に述べたように、このCheersには2つの提案が盛り込まれています。

1つ目は、独自トークンを利用し、コンテンツを提供する側とコンテンツを閲覧する側の双方に対してインセンティブを付与することで、協働してプラットフォーム全体のクオリティと秩序を維持していくという仕組みです。

コンテンツを生成するのはアスリート本人で、ここには余計なバイアスをかける編集者も取材者もいません。
アスリートの考えや思想、プライベートな一面、知識や技術を、アスリートの生の声として得ることができます。

また、プラットフォーム内ではアスリートとユーザーはチームです。
コンテンツを生成したり、コンテンツに対して正しい評価を下すといった行為は、お互いにとっても、プラットフォーム全体に対しても有意義に作用します。

As mentioned at the beginning, this Cheers contains two proposals.

The first is to use the unique token to provide incentives to both the content provider and the content viewer so that they collaborate to maintain the quality and order of the entire platform It is a mechanism.

It is the athlete himself who generates the content, and there is neither an editor nor an interviewer applying extra bias here.
You can get the athlete's thoughts, ideas, private aspects, knowledge and skills as athletes' live voices.

Also, athletes and users are teams within the platform.
The act of generating content and making a correct evaluation on the content can be meaningful for both the platform and the whole platform.

2つ目の、アスリートとファンの新しいコミュニケーションの形の提案とは、このプラットフォームでの両者の関わり方そのものに他なりません。

現実世界では、アスリートとファンの関係は、「見る側」と「見られる側」という明確な立場の違いが存在しています。

アスリートはスタジアムで競技を行う。
ファンはスタンドで観戦する。
両者の関係は、それ以上でもそれ以下でもないのです。

しかし、Cheersの中では違います。
コンテンツを作る側とコンテンツを評価する側という「役割」の違いはありますが、「立場」の違いはありません。

両者はCheersというプラットフォームを作り上げていく、仲間同士なのです。

The second proposal in the form of new communication of athletes and fans is nothing but the way in which they are involved in this platform itself.

In the real world, the relationship between athletes and fans has a clear positional difference between the "looking" side and the "seen" side.

Athletes compete at the stadium.
Fans watch at the stand.
The relationship between them is neither more nor less than that.

However, it is different in Cheers.
There is a difference in "roles" between content creator and content evaluator, but there is no difference in "position".

Both of them are partners who will build a platform called Cheers.

さらに、アスリートの生成したコンテンツを買う、または、コンテンツに対して「投げ銭」をするといった、金銭を介在させたやりとりによって、Cheers上で直接的な関わり合いが生まれます。

好きなアスリートやチームがあれば、グッズを買ったりしますよね?
これらは間接的な支援です。
しかし、Cheers上でコンテンツを買ったり、「投げ銭」をしたりすることは、直接的な支援になります。

それだけでなく、コンテンツの売買や「投げ銭」、「投げキッス」といった行為をきっかけに、Cheers上でコメントのやりとりに発展することもあるでしょう。

現実世界で好きなアスリートと直接コミュニケーションが図れるタイミングは、一部のイベントなどを除いて他にありません。

イベントは毎日開催されませんが、Cheersは毎日ずっとここに存在し続けます。

In addition, direct interactions on Cheers are created by intermediating money, such as buying content generated by athletes or "Tipping" the contents.

If you have a favorite athlete or team, you buy goods, do not you?
These are indirect support.
However, buying content or "Tipping" on Cheers is a direct support.

Not only that, it may develop into the exchange of comments on Cheers as a result of acts such as buying and selling content, "Tipping", "throwing kiss".

There is no other timing except directing some events, etc., when you can communicate directly with your favorite athlete in the real world.

Events are not held everyday, but Cheers will continue to exist here everyday.

About our ICO

私たちTeam"N"は、Cheersを実現させるため、独自トークン「Gymnasium」の事前販売(ICO)を実施します。

このICOは、Cheersプラットフォーム内でコンテンツに対する投げ銭に使用する限定的通貨の事前販売という形で実施致します。
(購入型クラウドファンディング的募集)

また、Gymnasiumの事前購入には、2018年春に予定しているベータ版への参加了承が必須となります。
→参加は任意です。

 

Gymnasiumの総発行数は、

2,100,000GMN(GMN = Gymnasiumの単位)

です。
今回のICOでは、総発行数の10%を全3回に分けて実施します。
第1回目は全体の2%、第2回目は3%、第3回目は5%の売り出しとなります。

第1回目の販売価格は、

1 GMN = 0.01 ETH

での販売となり、第2回目以降の販売価格は販売状況をみて価格調整を行います。
(前回価格より価格が下回ることはありません。)

1回の募集における一人当たりの購入可能数の上限は5,000GMNとさせていただきますが、上限までご購入いただいた方も次回以降の募集にご参加いただけます。

We Team "N" will implement advance sales (ICO) of our own token "Gymnasium" to realize Cheers.

This ICO will be carried out in the form of pre-sale of limited currency for use in the bargain for contents in the Cheers platform.
(Purchase type cloud funding-like sales)

Also, in advance purchasing Gymnasium, it is essential to accept participation in the beta version planned for the spring of 2018.
→ Participation is optional

 

The total number of Gymnasium is

2,100,000 GMN (GMN = unit of Gymnasium).

In this ICO, we will carry out 10% of the total issue number in all three times.
The first round will be 2% of the whole, 3% of the 2nd round, 5% of the 3 rd party.

The first selling price,

1 GMN = 0.01 ETH

Sales will be sold in the second and subsequent selling prices will be adjusted according to the sales situation.
(Price will never fall below last price.)

The maximum number of purchasable cards per person in one recruitment will be 5,000 GMN, but those who purchase up to the upper limit can also participate in the next recruitment.

1st Offer

販売枚数
Sales volume

42,000 GMN

 

販売価格
Price

1 GMN = 0.01 ETH

 

販売期間
Sales period

August 4th, 2017 〜 November 14th, 2017

2nd Offer

販売枚数
Sales volume

63,000 GMN

 

販売価格
Price

Undecided

 

販売期間
Sales period

Undecided

3rd Offer

販売枚数
Sales volume

105,000 GMC

 

販売価格
Price

Undecided

 

販売期間
Sales period

Undecided

Gymnasiumは、Ethereumプラットフォーム上で作成した独自トークンです。Gymnasiumのご購入に当たっては、Ethereum対応ウォレットが必要となります。

※Ethereum対応ウォレット
MyEtherWallet
MetaMask

Gymnasium is a unique token created on the Ethereum platform.When purchasing Gymnasium, Ethereum compatible wallet is required.

※ Ethereum corresponding wallet
· MyEtherWallet
· MetaMask

今回実施するICOにて集まった資金については下記用途に使用させていただきます。

・開発費用
・マーケティング、プロモーション費用
・ホスティング費用
・保守費用
・その他雑費

ICOによる資金調達状況や開発状況については、当サイトブログにて随時ご報告させていただきます。

 

注意:
Gymnasiumの販売は今後の値上がりを保証するものではありません。
リスクが存在することをご了承の上、ICOへご参加ください。

 

本プロジェクト及びICOに関するホワイトペーパーは下記よりダウンロードができます。

We will use the funds gathered at the ICO to be implemented this time for the following purposes.

· Development costs
· Marketing and promotional expenses
· Hosting fee
· Maintenance fee
· Other miscellaneous costs

Regarding the status of fund procurement by ICO and development, we will report on our blog at any time.

 

Caution:
In the sale of Gymnasium, we can not guarantee future price rise.
Please acknowledge that risk exists and join ICO.

 

White papers on this project and ICO can be downloaded from the following. (Japanese only)

Recruitment

今回のCheersプロジェクトの開発業務にご協力いただける方を募集しています。

具体的には、下記職種の方を募集します。

・エンジニア
・デザイナー
・マーケティングプランナー

Cheersのビジョンやプロダクトに興味をお持ちの方で、プロジェクトにご参加いただける方は、下記ボタンより必要事項をご記入の上、送信ください。

ご応募いただいた方には、2〜3営業日を目安にTeam"N"よりご連絡差し上げます。

プロジェクトへご参加いただくことが決定された方には、Gymnasium総発行数の0.005%を付与させていただきます。

ご応募お待ちしております。

 

We are looking for someone who can cooperate with the development work of this Cheers project.

Specifically, we are looking for people with the following jobs.

· Engineer
· designer
· Marketing planner

If you are interested in Cheers' vision or product, if you are interested in participating in the project, please fill out the necessary information from the button below and submit it.

For those who applied, we will contact you from Team "N" on 2 ~ 3 business days as a guide.

For those who have decided to participate in the project, we will grant 0.005% of the total number of issued Gymnasium.

We look forward to your application.

Contact

その他、プロジェクトやICOに関するお問い合わせは、下記より必要事項をご記入の上、送信ください。

2〜3営業日を目安にTeam"N"よりご返信致します。

For any other inquiries regarding projects or ICO, please fill out the necessary information from below and send it.

We will reply from Team "N" on 2 ~ 3 business days as a guide.

Blog

ホワイトペーパーVer.2.0を公開しました

Cheersプロジェクト及びICO(ITS)についての詳細を記したホワイトペーパ […]

MetaMaskのアカウント作成方法

Ethereum対応ウォレットで一番簡単なのが、Google Chromeに拡張 […]

フォロー&リツイートキャンペーンスタート!

キャンペーン第1弾! CheersのTwitterアカウントをフォローして、対象 […]

Read more

Social account

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今後とも、Team"N"及び体操専門ウェブマガジン「GYMNASTS / ジムナスツ」、そしてCheersをどうぞ宜しくお願い致します。

Until the end Thank you for reading.

In future, I would like to thank Team "N", web magazine of "GYMNASTS", and "Cheers".